[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

RKES体験談ようこそ!
ここのページでは、RK English Schoolで楽しくレベルアップをしている仲間達の声を紹介していくぞ!
学校とは、引っ張ってくれる先生、そして一緒に頑張れる仲間が集う「場所」。
生徒達の声からRKESという「場所」を感じてみよう!

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

 

では、さっそく1人目のインタビューいってみましょう!

 

 

 

Entry number①

2015/10/15

 

 

 

Ayaka: 当校を知ったきっかけは?

 

Kazu: バンクーバー在住の友人の紹介

 

Ayaka: どうして当校を選んだの?

 

Kazu: カナダ留学前に、友人から紹介され当時バンクーバーに在住だったRichard川口校長から授業を受けたかった。BUT…ちょうどその時期に校長が日本に帰ってしまい結局受講出来ず。帰国後日本に学校が出来たので入学を決めやっと校長の授業を受けられた。(まるで運命のいたずら。。)
また、自分自身でRichard先生が出している本の”発音の鬼”で自分の発音の向上を感じた為。

 

Ayaka: 選考のCOURSE

 

Kazu: EIGO-KNOW( 英語脳コース)

 

Ayaka: どうしてこのコースを選んだの?

 

Kazu: 大手では教えてくれない内容。英語の考え方や、またネイティヴの表現を学べ、オリジナリティーを感じる授業が好きな為。

 

Ayaka: 今後の目標

 

Kazu: 海外生活に役立てる

 

Ayaka: 最後に皆さんへ一言

 

Kazu: 日本人講師や外国人講師から英語を学ぶことも大事です。が、Richard先生達のように幼い頃から英語と日本語を苦労して学び両方の言語がネイティヴレベルである先生たちから学ぶ事が英語を話せる一番の近道だと思います。Richard先生を始め、学校の先生達は英語を教えてくれているんじゃなく、ネイティヴスピーカーになる方法を教えてくれていると思います。

 

Ayaka: Kazuさんは、当校に通いながら海外生活をするという夢を持ちながら勉強されています。いつも笑顔ですが、英語の事になると熱く語ってくださる眼差しはたくさんの夢に満ち溢れています。今回はお時間を作ってくださってありがとうございました。

 

 


Interviewed by: Ayaka Kudo
Photo taken by: Akiko Sakaguchi

 

 

 

〈学校のメインページへ〉 〈問い合わせ・申し込みをする〉

 

 

 

 

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

 

2人目はSatokoさんにインタビューをお願いしました☆

 

 

 

Entry number②

2015/11/10

 

 

 

Ayaka: Satokoさんはどういうきっかけで当校を知りましたか~?

 

Satoko: 以前リチャード校長がバンクーバーの学校「99institute」に勤めていた時に生徒として入学しました。帰国後、先生が学校を始めたのを聞いて興味を持ちました。

 

Ayaka: そうだったんですね~!ありがとうございます☆当校を選んだきっかけは何ですか~??

 

Satoko: もともとリチャード先生の良さは十分に知っていて、学校と家が近くなったことがきっかけに通おうと決めました!!

 

Ayaka: 選考のCOURSEは?

 

Satoko: EIGO-KNOW (英語脳コース)!

 

Ayaka: Satokoさんはどうしてこのコースを選ばれましたか?

 

Satoko: 自分に何が合っているのかわからなかったので、リチャード先生に聞きました。トライアルを受けてそのまま気に入ってこのコースにしました。

 

Ayaka: Satokoさん、今後の目標は何ですか~??

 

Satoko: ネイティブみたいになることです。プラス他の言語も習得したいな~。フランス語とか、イタリア語etc.. そして……旦那さんのTOEICスコアーを越えること!!!

 

Ayaka: 素敵な目標ですね!超えましょう!!Satokoさんなら出来ます☆ では、最後に悩まれているみなさんに一言お願いします!

 

Satoko: まずは、騙されたと思ってリチャードについていくとよし!体験してみるときっと良さがわかります。悩んでいればまず体験をお勧めします☆

 

Ayaka: Satokoさんは、普段から向上心が高く先生からのインプットをすぐにアウトプットしています☆ また、普段から自分で英語を使う環境を作っていることや、自分から興味をもって話しを広げていくところをとても尊敬しています。インタビューしながら夢を語り合い、楽しいひとときでした♪ 貴重なお時間をありがとうございました。

 

 


Interviewed by: Ayaka Kudo
Photo taken by: Richard Kawaguchi

 

 

 

〈学校のメインページへ〉 〈問い合わせ・申し込みをする〉

 

 

 

 

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

 

3人目は超ロングインタビュー!外資系企業の日本法人代表を務めていらっしゃるMartyことTakeshi Masudaさんが当校の「発音コース」に対する思いを語ってくれました!

 

 

 

Entry number③

2015/12/3

 

 

 

Ayaka: Martyさん今日はよろしくお願いします!

 

Marty: よろしくお願いします。

 

Ayaka: Martyさんは発音コースを受けていらっしゃいますね。いかがですか?

 

Marty: 言いたいことがたくさんありすぎて、まずは私の感動を知って頂くために、それまでの経緯を説明しても良いでしょうか?

 

Ayaka: もちろんです!

 

Marty: 私は現在、カナダに本社がある木材会社の日本法人の代表をしております。一応木材業界の世界最大手です。本社とのメールのやり取りは全て英語です。日系カナダ人の女性営業も本社におりますので、日本語での会話もありますが、conference callは英語になります。直属の上司である本社のGMはカナダ生まれのカナダ人ですので、やりとりは全て英語になります。それなりに英語を使って仕事をして来ましたが、以下の点が長年の課題でした。
 
・本社から人が来てお客様を訪問する際、通訳をしなければならないのですが、日本人の英語の弱点を知らない人の英語が聞き取れない。
 
・お客様の前では比較的ゆっくり話してくれるのですが、その後二人きりになると、natural speedになり聞き取れない。
 
・Conference callの際のカナダ側のspeaker phoneを通して来る英語が聞き取れない。

 

Ayaka: すごい、元々英語でバリバリ仕事をされているのですねー。しかも自己分析がしっかりできていらっしゃる…

 

Marty: いやいや、様々な場面で苦労をして来ています。
州の大臣、政府関連の方が来日した際、少人数のミーティングに参加するのですが、やはり日本人の英語の弱点を知らない人の英語が聞き取れませんでした。さらには同じミーティングに参加する同業他社の方々は、ほとんどが海外に数年以上住んでいた事があり、皆英語が上手いのです。前の駐日カナダ大使との食事会の席で、自分だけが意見を言えず、大変悔しい思いをしました。質問の意味が良く分からなかったのです。
カナダに行った際にも同じ問題は起こります。言いたい事は大体言えるのですが、その前に質問の意味がはっきり分からない。ですから自分の中では、とにかくリスニング力を強化する事が最重要事項でした。特に3年前に今のGMが直属の上司になってからは大変でした。何故ならば、その上司の英語は私にとってはかなり早口で、何を言っているのか聞き取れなかったのです。その事に対し、上司が明らかにイライラしているのを感じる時もありました。会社員にとって、上司が何を言っているのか分からないのは致命傷です。そこから英語のブラッシュアップを始めました。

 

Ayaka: なるほど、苦労されてきたんですね~。ブラッシュアップというと、具体的にはどのようなことをされてきたのですか?

 

Marty: 今までもいくつか英会話学校に行った事はありますが、効果は感じられませんでしたので、独学で進める事を決意し、まずは語彙を増やそうと思い、DUOと言う単語熟語帳を6回以上繰り返し、その例文を1.5倍以上のスピードで100回以上聞きました。それ以外の英語の教材も、とにかく1.5倍以上のスピードで聞きまくりました。
努力の甲斐もあり、それなりの効果は出たのですが、どうしても上司のいう事が100%は聞き取れないのです。そんな時にRichard校長のDVDをツタヤで借りました。

 

Ayaka: 校長登場ですね!あ、すみません、続けてください。

 

Marty: はい、2年位前から本屋さんで “バンクーバー発音の鬼” と名乗っている金髪のお兄さんの本は見かけていましたが、自分の中ではリスニング力が最優先で、発音は優先順位最下位でしたので、本は買いませんでした。
しかし “バンクーバー発音の鬼” の存在は気になっていたので、DVDを借りてみてみました。そして…衝撃を受けました!「英語の文章は内容語と機能語に分かれており、機能語の母音は全てあいまい母音になり、ほとんど発音されてない。ほとんど発音していないんだから、いくらスロー再生しても聞き取れない」と言うわけです。言ってないんじゃ、聞き取れるわけがない、と長年の悩みがようやく解決しました。
他の参考書では英語のリズムと言う言葉で表現されていたと思いますが、日本人の私には理解不可能でした。私の中では、それを分かりやすく論理的に教えてくれたのはRichard校長が初めてです。そして言ってないと言い切ったのもRichard校長が初めてです。

 

Ayaka: 衝撃的ですよね。もっと早く知りたかったー、という生徒さん、とても多いです!

 

Marty: それですぐにRichard校長の著書を全て購入し、CDで練習しまくって単発で行われているセミナーに臨みました。そこでナチュラルスピードのかなり短い例文を書き取るテストをしたのですが、最初はなんと言っているのか、全く分かりませんでした。ですがレッスン後、教材に書かれていた “発音できる英語は聞き取れる” ということを実感することができました!Richard校長の論理的な説明を聞いて発音の練習をした後は、数分前に聞き取れなかった例文が、完璧に聞こえるのです。衝撃でした。

 

Ayaka: それがキッカケだったんですね。

 

Marty: はい、そして正式に入校し、入校の3週間後にその直属の上司が来日しました。その3週間は、学んだ事を著書を使いながら毎日復習しました。そして自分の変化を実感しました。上司の “プディドン” なる言葉が “put it on” であるとすぐに分かったのです。その場に英語を話す日本人が何人かいましたが、分かったのは私だけでした。今までの私でしたら、なんでこの文脈でいきなりプリン(pudding) が出て来るんだと思っていたはずです(笑)。これは一例で、こういう事が何回も起きました。

 

Ayaka: 一気に追い抜いた感じですね!

 

Marty: いやー、嬉しかったです。
次に、今までは上司の言っている事は100%聞き取れていなければならないと思っていました。ですので、“Pardon?” を多発していました。分かっていないで、知ったかぶりで答えるよりは何回でも聞き直した方がいいと思っていたからです。
しかしそうは言っても “Pardon?” と聞いて良い回数には限界があります。正直この点はかなり悩んでいました。しかし今回は “pardon” が劇的に減りました。何故ならば機能語ははっきり発音していないんだから、聞き取れなくて当たり前だと論理的に分かっていたからです。
機能語については、言う方もあまり大事じゃないからあまりはっきり言っていないんです。そりゃ聞き取れません。もちろん内容語は100%聞き取りました。話す方も内容語ははっきり強く言うから聞き取れたのです。100%の内容語の理解と60-70%の機能語の理解で、全く問題なくcommunicationが取れました。今回英語のcommunicationについて、上司は結構褒めてくれました。何より、自分の成長を実感する事が出来ました。

 

Ayaka: わー、すごくうれしいです!そうなんですよね、発音って秘密がわかって自信がつくと世界が変わりますよね。わかります!

 

Marty: 誤解を与える事を恐れずに表現するとすれば、Richard校長の授業は、決して凄く特別な事を教えてくれているわけではないと思っています。日本語でも「やっておいて」は「やっといて」になります。「やっておいて」と認識している外国人の方には「やっといて」は何回聞いても聞き取れない言葉だと思います。別の例で、例えば “マサさん” と言う方がいたとして、最初のうちは “マサさん” と呼んでいたとしても、そのうちに “マッさん” になってしまうじゃないですか。Richard校長は英語のそういう所を「コツ」という言葉を使って、初めて論理的に体系的に教えてくれた先生です。
私の上司にbetterのttは「ら」のように濁るんですよね、と聞いたら濁らない「ベター」だと言うんです。ところが実際の会話の中では、どう聞いても「ベラー」にしか聞こえないんです。Native speakerは無意識にやっているんでしょう。だからRichard校長のようにバイリンガルで、しかもnative speakerが無意識にやっている事を、論理的に教えてくれる方から学ぶことが、日本人にとっては必要だと思います。

 

Ayaka: まさにMartyさんのおっしゃる通りだと思います。校長のリチャードを始め、講師がバイリンガルであることは当校のこだわりの一つです。Martyさん、ズバリ今後の目標は?

 

Marty: 直近ですが、今月の後半にはアルバータ州農林大臣を交えたミーティング、そしてBC州の産業大臣と業界のトップが大挙来日します。今まで苦手中の苦手としてきたこれらの行事で、どのような対応が出来るか、勝負です。RK English Schoolで学んでいる事をしっかり復習しきって、しっかり臨んで参ります!

 

Ayaka: 具体的~!!頑張ってください!

 

Marty: はい!何年も探していた英語のリスニングの解決法にようやく出会えました!ありがとうございます!

 

Ayaka: Martyさんはこちらからほとんど質問する間もないくらい(笑)に熱く語ってくれました!しかもすごく具体的に語ってくださり、その思いがとてもうれしかったです!英語を使って第一線で活躍するMartyさん。RKESは様々なフィールドで英語を必要とする生徒さん達を全力でサポートしていきまーす!

 

 


Interviewed by: Ayaka Kudo
Photo taken by: Richard Kawaguchi

 

 

 

〈学校のメインページへ〉 〈問い合わせ・申し込みをする〉

 

 

 

 

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

 

4人目はTomioさんにインタビューをお願いしました☆ホントシブい〜!

 

 

 

Entry number④

2016/10/17

 

 

 

Ayaka: どうしてここを知りましたか?

 

Tomio: 知人の紹介です。知人がリンキングなどの話をしていて、そういう基礎が知りたかったら御茶ノ水にあるから行ってみるといいよ、と勧められました!

 

Ayaka: そうでしたか!うれしいですね〜。ここの学校を選んでいかがでしたか?

 

Tomio: 知人のいう通り、発音に特化していてとてもよかったです。

 

Ayaka: ありがとうございます!富雄さんの選んだ発音コースは実際に受講されていかがですか?

 

Tomio: やっぱり発音を最初におさえることがとても大事だと感じました。長年英会話教室に行ってきましたが、発音をここまで教えてくれる教室はなかったですね。英語で映画をみるときも聞き取りができなかったのですが最近は、英語の映画を見て聞き取りができるようになってきました。

 

Ayaka: それは嬉しいですね!少しでも成果がわかるとやる気が更に湧いてきますよね!!^^それでは、これから英語を学ぼうと考えている皆さんにメッセージをお願いできますか? 

 

Tomio: 実際に来て、体験をすることが大切だと思います。長期で英会話に行っていましたが、発音が全然わかりませんでした。先ほども話しましたが、英語で映画をみるときも聞き取りができませんでした。でも、発音を学ぶことで少しずつ聞こえるようになってきています。他では発音をここまでわかりやすく教えてくれないのでオススメです。

 

Ayaka: ありがとうございます!それでは、最後に今後の目標をお願いいたします。

 

Tomio: 外国籍の方と情報交換していきたいですね。そして自分の世界を広げていきたいと思っています。

 

Ayaka: 素晴らしいですね!ステキです!是非、友達の輪を広げて、目標を達成させてくださいね!貴重なお時間をありがとうございました!

 

 


Interviewed by: Ayaka Kudo
Photo taken by: Ayaka Kudo

 

 

 

〈学校のメインページへ〉 〈問い合わせ・申し込みをする〉

 

 

 

 

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

 

5人目は当校のONE X ONE(マンツーマンレッスン)を受講しているToshiさんでーす!

 

 

 

Entry number⑤

2016/11/21

 

 

 

Ayaka: Toshiさん本日はよろしくお願いいたします!

 

Toshi: よろしくお願いいたします。

 

Ayaka: ToshiさんはONE X ONE(マンツーマンレッスン)を受講されているんですよね。

 

Toshi: はい、リチャード小林兄貴先生にお世話になっています!

 

Ayaka: それでは、さっそくいくつか質問させてくださいね。まず初めにRKESに入学を決めたきっかけは何でしたか??

 

Toshi: そうですね、純粋に楽しそうだったのと、1対1の授業もあり気を張らずに自分のペースで進めていけそうだと感じたからですかね~。

 

Ayaka: 確かに、自分のペースで行えるのってとても大事ですよね。周りを気にして授業に集中できないと勿体無いですもんね。RKESに入学してよかったことってどんなところですか?? 

 

Toshi: 着実に話せる英語が身についたことですね。

 

Ayaka: 確かに!リチャード小林先生も褒めてましたもんね~!

 

Toshi: あとはとにかく雰囲気が良くて居やすいのも大きいですね。ぼくは昼間のRK Music Schoolのギターレッスンも取っているんですが、

 

Ayaka: え!そうだったんですか!

 

Toshi: はい、最近。その後英語ラウンジも無料で利用できるんで、先日なんてカルメン(ラウンジの先生)と英語でしゃべったり、パソコンで自分の仕事してたら結局6時間くらい学校にいちゃいました(笑)

 

Ayaka: いいですね~、そういうのうれしいです。みんなのRKESですからね。私もここの雰囲気大好きです!授業に話を戻しますが、特に学んだことってどんなことですか?

 

Toshi: なんでもとりあえず声に出すことですかね!

 

Ayaka: そうですね!!声に出すことって一番大切ですもんね!学ぶ時は受け身ではなく、攻めの姿勢ですよね。そういえば、Toshiさんって何気に先生達全員からレッスン受けてないですか?

 

Toshi: はい、基本はリチャード小林先生ですが、振替の自由が効くので、この間ジェシカ先生のレッスンを受けて、全員から受けたことになっちゃいました。

 

Ayaka: リチャード校長がジェシカ先生とのレッスン後、めっちゃ幸せそうな顔してたって言ってましたよ笑

 

Toshi: いや~、良かったです笑。でも先生全員が個性的で、どの先生のレッスンも良いので、いろんな先生から学ぶのも良いなーと思いました。

 

Ayaka: 振替は当校のオンラインシステムでボタン一つなんで、今後も是非多角的に学んで言ってください!それではToshiさん!最後にこれから入学を考えている方に一言お願いいたします!

 

Toshi: まずトライアルに参加するだけでも暖かい雰囲気がわかるのではないでしょうか。どの先生もやりたいことに答えてくれる方だと感じています。

 

Ayaka: おぉー!なんとも嬉しいお言葉ですね!ありがとうございます!

 

 


Interviewed by: Ayaka Kudo
Photo taken by: Richard Kawaguchi

 

 

 

〈学校のメインページへ〉 〈問い合わせ・申し込みをする〉

 

 

 

 

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

 

6人目は当校のONE X ONE(マンツーマンレッスン)と発音コース受講しているRucciことSatoruさんでーす!

 

 

 

Entry number⑥

2017/3/8

 

 

 

Ayaka: るっち、この度はインタビューにご協力いただきありがとうございます!さっそくですが、当校にどうして入学しようと思いましたか??

 

Rucci: 4年ぐらい前ですが、RKESが正式に誕生する前にRichard川口先生・小林先生にお世話になったことがありました。先生たちの授業と自分の学習スタイルの相性が非常に良く、留学で培った英語力を保ちたいという気持ちもあり数多くの英会話スクールの中からRKESに入学しようと思いました。

 

Ayaka: スタイルがマッチしてくれて本当によかったです!
ご入学されて当校へよかったことはどういうところですか?

 

Rucci: 一番は、「もっと英語でコミュニケーションできるようになりたい」という思いが更に強くなれた点が、学校に通ってよかったことです。実は、ここに入学する前は英語が大嫌いになっていました。過去にカナダへ留学していたのですが、「発音」「TOEIC」色々と苦い思い出が重なったためです。しかし留学中に初めてネイティブの方と英会話ができたときの嬉しかった思い出をどうしても忘れることができませんでした。
英語に対する葛藤があった中で入学をしたわけですが、学ぶことで英語に対する熱意を再度取り戻すことができました。今ではもっと英語を使かいコミュニケーションの場を増やしたいと思うようになりました。

 

Ayaka: 本当に!そんな風に思ってくれてたんですね!うれしいです。学校に入学してもうすぐ1年(2016年3月入学)ですが、学校を通じて学んだことはございますか?

 

Rucci: 3点あります。

 

Ayaka: おー3点!!よろしくおねがいします! 

 

Rucci: はい!まず1点目は、授業を受けて満足をせず、復習をすることです。Richard川口先生の発音クラスでは「大事なことは復習すること!」と毎回言っています。復習しなければ、また同じ文章が出てきたときに、習ったはずなのに言えない、忘れてしまったということになります。私の場合、発音クラス後、カフェで発音の復習をしていました。習ったことをそのままにせず、繰り返し復習することがとても大切だなと学びました。

 

Ayaka: 確かに校長先生、いつも復習復習って言ってますよね!しっかりと復習、アウトプットしていて、生徒の鏡ですね!

 

Rucci: ありがとうございます!続いて、2点目は、自分の弱いポイントや現状をしっかりと知ることです。発音クラスでは自身の発音に向き合う機会が多いです。向き合うことは辛いときもありますが自身の発音や、単語量、英語力の弱みに向き合わなければ、先に進むことができないと日々感じています。

 

Ayaka: なるほど。いつもしっかりと自分と向き合っているからこそ分かることですもんね。

 

Rucci: そうなんです。しっかりと向き合ったことで1年前の自分より成長できたと思います。

 

Ayaka: そうですね!1年前よりももっと自信に満ち溢れてると思います。

 

Rucci: そうですか?うれしいです。あ、あと3点目です。3点目は、わからないことがあれば質問をすることです。このことは、学校の先生全員同じことを言っています。私は、相手が英語で言ったことに対して、知っているふり等は英語の上達に繋がらないと思っています。カナダに語学留学を1年間していましたが、分からない単語があったり、聞き取れなかったりすることもあります。「分からないことがあれば質問をする」このことが何より英語でのコミュニケーションができるようになるポイントだと思います。

 

Ayaka: たくさん学んでいただいていますね!本当に嬉しいです!そんなたくさん学校で学んだるっち、学校を考えているみなさんへ一言おねがいします!

 

Rucci: RKESで学ぶなら、純粋に英語でコミュニケーションをすることを楽しんでほしいです!そして、少しずつ英語でできることを増やして、喜びを感じてほしいです。
入学をするメリットとしては、発音クラス(火・水)やONE×ONEでは、自身の発音に対してフォローしてもらえる点、ネイティブの表現を教えてくれる点だと思っています。また、クラスやONE×ONEを受ける時間の前後で、オーストラリアから来たイケメンMarcusと英語で会話ができます。彼は相手を尊重してくれるとても素敵な先生です。
現在、私はRichard川口先生の発音クラスとRichard小林先生のONE×ONEを受けていますが、先生の共通点は褒めて伸ばしてくれます。先生にGoodと褒められると更に頑張ろうという気持ちになります!学校の環境は、個性溢れる生徒・先生がたくさんいて楽しい環境です。もし、学びたいと考えている方は、「英語を楽しんで学ぶこと」ができますので、是非体験にきてください。

 

Ayaka: るっち素敵なコメントをありがとうございます!

 

 


Interviewed by: Ayaka Kudo
Photo taken by: Richard Kawaguchi

 

 

 

〈学校のメインページへ〉 〈問い合わせ・申し込みをする〉

 

 

 

 

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

 

7人目は当校のONE X ONE(マンツーマンレッスン)と基礎コースを受講しているAkiさんにお話を伺いました〜!

 

 

 

Entry number⑦

2017/6/7

 

 

 

Ayaka: それでは、インタビューをさせていただきます!どうぞよろしくお願いいたします。

 

Aki: よろしくお願いいたします。

 

Ayaka: 当校を知ったきっかけは何でしたか?

 

Aki: 英語を勉強しようかな、とふらっと本屋に行き、立ち読みした本がありました。その本でたまたま開いたページに「発音はこの本がおすすめ」とあり、そこに掲載されていたのがRichard校長先生が出版している本でした。

 

Ayaka: そんな偶然・・・!

 

Aki: 本当、パラパラしただけなんですよ!おすすめとあったので、実際に発音の本を探して買ったのがきっかけです!(もちろん、おすすめしていた本も買いましたよ!笑)

 

Ayaka: 二つも購入されて、勉強熱心ですね〜!その時に、本を手にとっていただいて当校に来ていただくまでにどのようなプロセスがありましたか? 

 

Aki: 校長先生の本に興味をもち、学校を調べたらタイミング良く学校説明会があると知ったんです。せっかくだから参加してみようと応募しました!

 

Ayaka: 発音のおすすめページから、タイミングよく説明会があって、運命的ですね!!笑

 

Aki: 私も思いました〜!笑

 

Ayaka: 実際に学校説明会に参加されて、いかがでしたか?

 

Aki: 参加してとても楽しかったです!それから、入学を決めました!

 

Ayaka: 学校に通ってよかったことはどんなことでしょうか?

 

Aki: 英語を習うことがとても楽しいなと思えるようになりました。そして、もっと勉強を頑張ろうと思えるようになりました!
学校の授業を通して、できないことが少しずつできるようになり、何より先生たちがよく褒めてくれるので、もっと頑張ろうと思えます!笑

 

Ayaka: そんな風に言っていただけて嬉しいです!しかも、Akiさん言いたいことが少しずつ伝えられるようになってきたっておっしゃってましたよね!

 

Aki: 確かに!表現したかったことが少しずつ少しずつですが、表現できるようになってきています。以前は絶対に避けていた外国籍の方とのコミュニケーションも積極的にできるようになりました。

 

Ayaka: 素晴らしいですね!

 

Aki: 外国籍の方を見たら「いけ!いけ!」って先生の顔が思い浮かぶんですよ!笑

 

Ayaka: それすごいですね!笑

 

Aki: その影響もあって、外国籍の方としゃべることに抵抗も前より減りました。

 

Ayaka: それは、大きな前進ですね!毎週しっかり勉強されてるからこそですね。

 

Aki: 恐縮です〜・・><でも、ここに来ると話せるようになりたいとお互いに切磋琢磨できる環境がとてもいいです。

 

Ayaka: 確かに!みなさん、英語を積極的に使って向上したいという生徒さん多いですもんね!そう感じていただけるの嬉しいです。

 

Aki: 学校に通って、“なんでもいいから英語と触れ合う”ことの大切さも学びました!

 

Ayaka: その気持ち、本当に大切ですよね!学校では授業の合間に英語環境のラウンジも利用できますもんね。Akiさんもかなり活用されていますよね。

 

Aki: はい、最初は先生に促されてでしたが。笑 ラウンジの先生に話しかけることで英語に慣れることができた部分も大きいです。
今までは、英語をやりたいなと思っていても、すぐに辞めてしまってました。
でも今は、学校に来ればみんな楽しそうに英語を使って頑張ってるから、自分も刺激されて英語を頑張ろうと思えます。

 

Ayaka: まさに切磋琢磨な環境ですね!Akiさんは、毎週RK COURSEとONE X ONEを受講いただいてますが、いかがですか?

 

Aki: 基礎コースで、文法等を学んでONE X ONEで実践して、また新しいことを学んでのサイクルがとてもよかったです。続けられている一つの要因です!

 

Ayaka: さすが!入学当初に比べて確実にステップアップされてますよね!“継続は力なり”を体現するAkiさんだからこそですね!
それでは、最後に入学を考えているみなさんに一言お願いいたします。

 

Aki: 一度来てみるのが一番ベストだと思います!是非、学校へお越しください!

 

Ayaka: うわお!しかし、そうですね!一度来ていただければ、楽しさをわかってもらえるかと思います!Akiさん、貴重なお時間をありがとうございました!

 

 


Interviewed by: Ayaka Kudo
Photo taken by: Richard Kawaguchi

 

 

 

〈学校のメインページへ〉 〈問い合わせ・申し込みをする〉

 

 

 

 

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

 

8人目は当校の発音、英語脳、表現コースを受講しているHirokazuさんにお話を伺いました〜!

 

 

 

Entry number⑧

2017/9/1

 

 

 

Ayaka: Hirokazuさんインタビューにご協力いただきありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

Hirokazu: よろしくお願いいたします。

 

Ayaka: では、さっそくはじめさせていただきます!Hirokazuさん、チラっとお話を聞かせていただいた際、留学経験未経験でしたよね?それなのに、流暢にお話しされたり、ネイティヴ級な発音ですよね!是非、いろいろと聞かせてください!

 

Hirokazu: そうですか・・・?ありがとうございます!いや、実は学生のころ、僕英語大っ嫌いで・・・早いですが中学で挫折したんですよ。

 

Ayaka: え・・!そうなんですか?

 

Hirokazu: はい、英語は、大学受験のために仕方なく勉強してましたし、大学で受けたTOEICは370点でした!(笑)

 

Ayaka: 今のHirokazuさんからは信じられないですね・・・!どんなきっかけで大嫌いだった英語を克服したのですか?

 

Hirokazu: それは、RK English School (以下RKES)ですよ!

 

Ayaka: 急に!笑 ありがとうございます!そもそも英語が必要になったのってきっかけは何だったのですか?

 

Hirokazu: 大学卒業後、英語を使わない仕事をしていたのですが、30歳を目前に外資系に転職しました。面接のときに英語は必要ないと言われていたけれども、実際に入ってみたら英語環境で日に日に必要性を感じるようになりました。数年経った頃、会社のトレーニングで2ヶ月間海外にいくことになり、初めてパスポートを取得しました。まさか初の海外が仕事でなんて!(笑)

 

Ayaka: まさか、大っ嫌いな英語に携わるとは夢にも思いませんでしたね!(笑)

 

Hirokazu: そうなんです(涙) 2ヶ月のトレーニングはなんとか乗り切れましたが、自分の言いたいことが言えず悔しさを覚えました。英語ができればもっとみんなとコミュニケーション取れたのにってね。さすがにこれではヤバい!と感じ、英会話学校に通うことにしました。選んだ学校は、ネイティヴの先生が揃った大手の英会話学校で、通ううちに気づいたんです。

 

Ayaka: お!どんなことを・・?

 

Hirokazu: なんとなくしゃべることはできるけど、同じ単語を繰り返し使っていて、語彙力が伸びていないんです。自分の知っていることしか言えないし、こう言いたい!ということをうまく伝えることすらできない…(涙) そんなわけで、ネイティブの先生よりも先に、バイリンガルの先生に教わったらいいのにと日に日に考えるようになりました。

 

Ayaka: なるほどー・・・。

 

Hirokazu: 結構模索しましたし、実際にいろんなところに通いましたよ。本当に自分にあっている勉強法は何なのか、どうしたらしゃべれるようになるのか。何ができないから英語が話せないのか、自分自身わからないんですもん!

 

Ayaka: そうだったんですね。そのあと見つかりましたか?

 

Hirokazu: 本当、長かったんですが、たまたまFBをみていたらRKESの広告がでてきたんです。偶然。

 

Ayaka: やっとRKES登場!!(笑)

 

Hirokazu: はい(笑) FBの広告をクリックしたら、朝活(午前7時〜8時)ワンデーセミナーを行っており、おもしろそうだなと思い参加しました。
しかも、1度きりではなくその後も、発音、英語脳、表現、TOEICと全部のセミナーを片っ端から受けました!

 

Ayaka: めっちゃ受けましたね!(笑)

 

Hirokazu: そうなんです。でも理由があって。年間契約の英会話教室はどうしても通いたくなかったんです。自分に合っているかもわからないのにいきなり一年契約は長くて。一度失敗したこともあったので・・・

 

Ayaka: 確かに、年間契約だと高いお金かかってしまいますもんね。

 

Hirokazu: 縛りがあるのが嫌だったので結構慎重に探していて、でもRKESは1か月ごとの更新ですし、高額の教材費や年間授業料もないですから、安心でした。

 

Ayaka: ありがとうございます!

 

Hirokazu: その後、英語脳を受講しやっと自分にあった勉強方法に出会うことができました!これだ!って感じでした!(笑)

 

Ayaka: おぉー!ついに!自分の勉強方法に合う方法を見つけられてよかったですね!そう感じていただけて嬉しいです!実際に入学してよかったことって何かありますか?

 

Hirokazu: んーーー・・・・ありすぎる。。

 

Ayaka: ありがとうございます!(笑)

 

Hirokazu: そうですね・・一番は英語を好きになれたことや、英語を面白いと思えるようになったことですかね。英語って嫌いだと思って勉強するよりも好きと思ってするほうが定着すると思います。僕が通った英会話教室史上、過去最高に長続きしています!(笑)

 

Ayaka: そうですよね!東京から愛知に転勤してもリモート(オンライン受講)で続けていただいているし、むしろRKESにリモートのきっかけを作ってくださいましたもんね!(笑)

 

Hirokazu: どうしても辞めたくなかったんですよ(笑) 絶対にこの学校の代わりになる教室はない!って確信してましたから!これでどれだけRKESのことが好きか伝わりますよね?(笑)
そもそも生徒同士、先生同士がとても近くて、一人で勉強している感覚が全くないです。みんなやる気のある方ばかりですし、むしろ周りも頑張っているから僕も頑張ろうってなります!

 

Ayaka: 本当、いつもありがとうございます!そうやって普段感じてくださっているのを聞くと改めてありがたいです!ちなみに学校に実際に通って学んだこと、自分自身伸びたと感じるところはありますか?

 

Hirokazu: TOEICのリスニングがのびたのは間違いなくRKESで発音の勉強をしたからです。TOIECはリスニングで最高475点までとれるようになりました。最初は、リーディング、リスニング合わせて370点だったのに、リスニングで合計点を抜いちゃいました!(笑)あとは、気持ちをのせてしゃべることの重要性ですかね。RKESの授業では、ただ英語の表現方法を学ぶのではなくて、その時の気持ちをどうやって表現しようか、という学び方ができるので、自分がその気持ちになった時に、自然と教わった表現が出てくるようになったんです。気持ちを乗せて話すことをここで教わったことで、会話力も上がりました。

 

Ayaka: なるほど。しかし、リスニングの成長ぶりすごいですね!!また、気持ちを乗せることが流暢に話せるようになったり、発音力を伸ばすことにつながっているんですね!
それではそんな成長を実感いただいているHirokazuさん、最後にRKESを迷っているみなさんにメッセージをお願いいたします!

 

Hirokazu: とりあえず、ワンデーセミナーや、トライアルレッスンに参加してほしいです。発音コースは本当に革命的だし、ほかの語学学校では身につかない表現力が身につきます。もちろん発想力も。楽しく英語を学べるし、楽しいだけじゃなくて英語が身につくのがRKESの特徴です。

 

Ayaka: Hirokazuさんの感じていること、過去のことを共有いただきありがとうございました!

 

 


Interviewed by: Ayaka Kudo
Photo taken by: Richard Kawaguchi

 

〜Hirokazuさんのご紹介〜

 

Hirokazuさんは先ほどもインタビュー中にお伝えしましたが、語学留学がない中で、不自由なく英語を流暢に話すことができるようになりました!現在RKESで英語の楽しさをお伝えするためにコーチングを始め、英語に悩んでいる方のサポートをしています!
ご興味のある方は是非お問い合わせください!

 

 

 

〈学校のメインページへ〉 〈問い合わせ・申し込みをする〉

 

 

 

 

まだまだ突撃インタビューしていきます!
乞うご期待っ!!

 

 

 

 

 

学校のメインページに戻る

 

 

 

 

 

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習
[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習
[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習
[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

誰も教えてくれなかったコツ。
“コツ”さえ押さえれば、今からでもネイティブ級の発音に!

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習
[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

きりがない単語勉強に終止符!
生きた単語力を爆発的に伸ばす強力なメソッド&マテリアル。

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習
[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

英語で考え、喋り、書く。
日本語を通さずに、直接英語で表現する仕組みをメソッド化!

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習
[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習

TOEIC点を効率良く上げる!
そのための攻略法&勉強法を
満点講師が親身の指導!

[RK English] バンクーバー発/神田 御茶ノ水のバイリンガル日系カナダ人講師によるネイティブ発音・表現・英語脳・TOEICの英語学習