<!– バッジ、RKES, RKEG, RKxC –> <a href="/" style="pointer-events:auto;"><img id="btnBadge" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/common/rk_badge_perfect_tilted_164.png" /></a> <a id="titleRKES" style="width:71px; pointer-events:auto;" href="/category/school" ><img class="fixed_header_button" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2017/common/RKES-off-big-74-NCP.svg" /></a><a id="titleRKES_logo" style="width:56px; pointer-events:auto;" href="/category/school" ><img id="logoRKES" style="width:56px;" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/common/orange_bar_rkes_112.png" /></a> <a id="titleRKEG" style="width:71px; pointer-events:auto;" href="/rkeg/" ><img class="fixed_header_button" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2017/common/RKEG-off-big-74-NCP.svg" /></a><a id="titleRKEG_logo" style="width:34px; pointer-events:auto;" href="/rkeg/" ><img id="logoRKEG" style="width:34px;" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/common/orange_bar_rkeg_68.png" /></a> <a id="titleRKxC" style="width:70px; pointer-events:auto;" href="/rkxc/" ><img class="fixed_header_button" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2017/common/RKXC-2-off-NCP.svg" /></a><a id="titleRKxC_logo" style="width:32px; pointer-events:auto;" href="/rkxc/" ><img id="logoRKxC" style="width:32px;" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/common/orange_bar_rkxc_64.png" /></a> <!– / バッジ、RKES, RKEG, RKxC –> <!– SNS 丸ボタン –> <div id="header_sns_buttons" > <a class="frame" id="btnFB" style="width:30px" href="https://www.facebook.com/RKEnglishF" target="_blank" rel="noopener"><div class="img"><img class="" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2018/common/f_OFF_center_2.png" /></div></a> <a class="frame" id="btnTW" href="https://twitter.com/RK_English" target="_blank" rel="noopener"><div class="img"><img class="" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2018/common/t_OFF_center_2.png" /></div></a> <a class="frame" id="btnRKTV"href="https://www.youtube.com/channel/UC2Kb-PmpnORCSaTCSrAeGWQ" target="_blank" rel="noopener"><div class="img"><img class="" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2018/common/y_OFF_center_2.png" /></div></a> <a class="frame" id="btnRKSound" href="https://soundcloud.com/rk-english" target="_blank" rel="noopener"><div class="img"><img class="" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2018/common/s_OFF_center_2.png" /></div></a> </div> <!– / SNS 丸ボタン –>

<div id="header_images" class="content_block">

<div id="click_header_script">
<img class="header_rkes_com" width="358" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2017/common/Header Script.svg" usemap="#header_script_map">
<map name="header_script_map">
<area shape="rect" coords="237,87,354,102" href="/about-richard" title="リチャード川口について" alt="リチャード川口について">
</map>
</div>

<div id="header_rkes_logo">
<map name="sample_map2">
<div class="rk">
<div class="sign">
<img style="" height="50" class="sign1" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/common/rk_english_school_marker_writing_tilted_604.png">
</div>
<img class="rollover" title="RK English Schoolで英語を学ぼう!" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/common/rk_english_school_logo_on_400.png" style="opacity: 0; position: absolute; z-index:0; width: 200px"><img class="rollout" title="RK English Schoolで英語を学ぼう!" style="position: absolute; z-index:0; width: 200px" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/common/rk_english_school_logo_off_400.png" >
</div>
<area id="clickablemap_top_logo" shape="polygon"
coords="145,1, 64,16, 44,71, 49,125, 74,110, 87,175, 0,184, 0,220, 185,212, 302,197, 302,167, 213,170, 217,101, 250,97, 224,18"
href="/rkes" alt="RK English Schoolで英語を学ぼう!">
<img class="clickablemap" width="302" height="220" usemap="#sample_map2" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2018/common/_blank.png">
</map>
</div>
</div><!–// header_images –>

<div id="global_navi" class="content_block">

<ul id="image_navi" class="clearfix">

<li class="item1"><img class="label" style="width: 32px;" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/about_red.png"><a href="/?page_id=712" title="ABOUT"><img class="rollover" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/new_tab_about_orange.png" style="opacity: 0; position: absolute;"><img class="rollout" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/new_tab_about_white.png" ></a></li>

<li class="item5"><img class="label" style="width: 31px;" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/event_red.png"><a href="/category/event/" title="EVENT"><img class="rollover" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/new_tab_event_orange.png" style="opacity: 0; position: absolute;"><img class="rollout" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/new_tab_event_white.png" ></a></li>

<li class="item2"><img class="label" style="width: 39px;" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/lesson_red.png"><a href="/lesson/" title="LESSON"><img class="rollover" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/new_tab_lesson_orange.png" style="opacity: 0; position: absolute;"><img class="rollout" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/new_tab_lesson_white.png" ></a></li>

<li class="item11"><img class="label" style="width: 45px;" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/product_red.png"><a href="/category/product/" title="PRODUCT"><img class="rollover" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2020/top/new_tab_product_orange_2.png" style="opacity: 0; position: absolute;"><img class="rollout" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2020/top/new_tab_product_white_2.png" ></a></li>

<li class="item10"><img class="label" style="width: 43px;" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/contact_red.png"><a href="/contact" title="CONTACT"><img class="rollover" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/new_tab_contact_orange.png" style="opacity: 0; position: absolute;"><img class="rollout" src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2019/top/new_tab_contact_white.png" ></a></li>

</ul>

</div><!–// global_navi –>

<div id="category_top" >
<div id="category_top_left" ><img src="/wp-content/themes/rkenglish/img/2014/title_faq.png" /></div>
</div>

<div class="category_body clearfix">
<div id="category_nav" ></div>
<div id="content" role="main">
<div class="entry-single-content">

<div id="faq">
<h2><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_main_title_011.jpg" alt="" title="faq_main_title_01" width="269" height="32" class="alignleft size-full wp-image-1961" /></h2>

<h3 name="pro">〈発音編〉</h3>
<ul class="faq">
<li class="layout">
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">canとcan'tが聞き分けられません。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>その違いが“t”があるかないかだと思っていると決して聞き分けられません。“t”のような伸ばすことのできない子音は、その後の子音とぶつかって発音されずにためられます。日本語の小さい“ッ”のように。その力の込め方や間の取り方で発音し分けるのです!</dd>
</li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">LとRが発音しわけられません。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>日本語だと“la”も“ra”も同じ“ら”の発音ですもんね。もともと一種類だったものを発音しわけろといわれてもね。LとRは両方とも日本語とは違う発音の仕方をします。Lは日本語で“らりるれろ”と言っているときよりも、口内で舌の先があたる位置を下げ、前歯の裏に当てながら“らりるれろ”と発音します。Rは、舌を思いっきり奥に引き、なおかつ口をタコのようにすぼめて“う”と発音しながら発音します。“ぅらぅりぅるぅれぅろ”といったように。自分が想像している以上に舌を引くこと!</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">She と sea が発音しわけられない。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>簡単にいうとshの音が日本語の“シ”、sの音が“スィ”です。日本人に多いのは英語っぽく発音しようとして両方“スィ”で発音してしまうパターンです。Sheは“シー” seaは“スィー”です。</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">聞くだけではだめですか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>聞き流してはだめです。もし声が出せない状況だったとしても口を動かすとか、自分が発音をすることをリアルにとらえないと効果はありません。同じ発音ができるまでポイントを押さえて何度でも練習することが大切です。映画や洋楽は今までたくさん見たり聞いたりしてきたと思いますが、リスニング力が上がったり、しゃべれるようになったりはしませんよね?</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">とにかく発音がコンプレックスです。日本人には完ぺきな英語の発音は無理なのでしょうか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>発音には様々な“コツ”が存在します。それは、ネイティブは自然に行っているけど、みなさんはあまり意識してこなかったかもしれない発音の法則です。今のあなたの発音は、大事なポイントが押さえられていないのかもしれません。ちゃんと“コツ”を押さえた上で練習すれば、今からでもネイティブ並の発音力を手に入れることが可能です!</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">様々な母音が発音しわけられません。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>英語の母音は、正確な音の出し方を体で覚え、発音できるようになっていくしかありません。日本語にはない口の形や筋肉を使う音なので、日本語を発音するときに使う筋肉の範囲内では表現できないからです。つまり、日本語に置き換えて覚えることが不可能なのです。日本語で1種類しかない「あ」の音も、英語では5種類もあります。しかも、それぞれまったく違った音として、認識されてしまうのです。日本語でも「あ」と「お」ではまったく違う音ですよね?「おにぎり」はよくても「あにぎり」は許せないですよね?ネイティブスピーカーにとって、funとfanや、stackとstuckとstockはまったく違った音だし、発音しわけなければ伝わりません。</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">英語の抑揚のつけ方がわかりません。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>英語は日本語とちがって、文章を発音するとき、どの単語も平等に発音するというわけではありません。抑揚をつけると聞いてよく強調するところを強く発音すると勘違いしている人が多いですが、実際はごまかすところの正しいごまかし方をマスターすることが大事です。そうです、流暢な英語を話す人ってなにがうまいかって、ごまかし方がうまいんです。でも、ただなんでもかんでももごもご言えばいいというものではありません。名詞、動詞、形容詞、副詞、疑問詞などはしっかりとストレス(アクセント)の位置を正確に発音し、それ以外の母音はすべて口を半開きで唇を動かさずに発音する“あ”と“う”の中間くらいの音です。その差をしっかりと意識し、特徴を自分の物にちゃってください!</dd></li>
</ul>

<div class="faq_facebook">ここで答えを見つけられない質問は、<a href="http://www.facebook.com/RKEnglishF" target="_blank" rel="noopener">Facebook</a>にて随時受付中!</div>

<h3 name="ccc">〈思考法/英語脳編〉</h3>
<ul class="faq">
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">頭では言いたいことは分かっているつもりで、相手の言っていることもほとんど理解できるのですが、いざ口にだそうとすると、頭が真っ白になってしまいます。どうしたらいいでしょうか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>しゃべるのはフレーズが出てくる瞬発力と実践なれが大切です。まずは単語レベルではなくフレーズで発音できるようになること。スムーズなフレーズの発音にはいつくかのコツがありますので発音マニアになること!そしてどんどん音読やシャドウイングで英語を毎日声に出すようにして、英語を口から発音する事自体に慣れていってくだい!ガンガン実践なれして、自信に満ちた、安定したコミュニケーション能力を身につけてください!</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">文章が書けません。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>英語は語順がすべてです。例えば、“私の両親は犬を買った。”という文章があります。英語では“My parents bought a dog.”になります。日本語の場合、語順はどうでもよくて、“買った私の両親は犬を。”としても、“犬を買った私の両親は。”としても、意味上問題はありませんが、英語は“A dog bought my parents.”と語順を変えたら意味は“犬は私の両親を買った。”となりおいおい、となってしまいます。日本語は単語のあとにつく「てにをは」で単語の働きがきまりますが、英語は単語の順番で文における単語の役割が決まります。まずアクションを起こす名詞、そしてアクションを表す動詞、そしてそのアクションの対象となる名詞、そしてのあとにくるのが。。。という具合にキッチリとした語順のルールによって文は作られていきます。語順のルールを学んで、英語の語順で考えられるようになりましょう。文章作成がすらすらと楽しくなり、英語というものがハートでわかるようになるはずです。</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">しゃべるとき、単語の羅列になってしまって、ちゃんとした長い文章をつなげてしゃべれません。どうしたらいいでしょうか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>英語を日本語に訳すすとよくわかりますが、英語と日本語って語順がほぼ真逆ですよね。でもネイティブは英語を逆から理解していくわけではありません。聞くのは大丈夫でも、さて、いざ自分から英語で喋るとなると、英語順に物事を考えられる“英語脳”が必要不可欠。構文をきっちりと勉強し、語順の法則をしっかり押さえていくことが大事です!</dd></li>
</ul>

<div class="faq_facebook">ここで答えを見つけられない質問は、<a href="http://www.facebook.com/RKEnglishF" target="_blank" rel="noopener">Facebook</a>にて随時受付中!</div>

<h3 name="a3" id="a3">〈単語/表現力編〉</h3>
<ul class="faq">
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">単語が頭に入ってきません。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>勉強の仕方は大事です。脳に効率よくどれほどの刺激を与えられるかということなので、ただ見て覚えようとするのではなく、書きながら覚えた方がいいです。視覚だけでなく、同時の触覚にも刺激を与えられるからです。おすすめは書きながら、発音もしながらひたすら書くことです。すると一度に視覚、触覚、発声の感覚、聴覚すべてに刺激をあたえながら単語を記憶に刷り込むことになります。また繰り返し復習することが長期記憶と瞬発力を養う唯一の手段ですので、覚えたと思っても復習!復習!何度でも刷り込む!</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">勉強はしてるつもりなのですが、いっこうに単語力が増えないというか、いつまでたってもわからない単語だらけです。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>なぜ、単語は勉強しても勉強してもきりがないかというと、日本語もそうですが、もちろん英語でも、一つのことを表すのにたくさんの表現があるからです。単語を単発的に覚えると、覚えても忘れ、膨大な英単語の量に押し流されてしまいますが、単語を意味的なつながりで覚えると、単語が表現力としてまとめられ、使いこなせる実感と、どう表現されても対応できる力を感じられるようになります。これはTANGO NETWORKの基盤となる考え方でもあります。TANGO NETWORKのワークショプで、是非とも爆発的なボキャブラリーの増やし方を体験してみてください。必ず方向性が明らかになり、力がメキメキとついていきます!</dd></li>
</ul>

<div class="faq_facebook">ここで答えを見つけられない質問は、<a href="http://www.facebook.com/RKEnglishF" target="_blank" rel="noopener">Facebook</a>にて随時受付中!</div>

<h3 name="ddd">〈TOEIC編〉</h3>
<ul class="faq">
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">TOEIC受けた事がないんですが、どう勉強を始めていいのかわかりません。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>まずは、TOEICというテストがどういうものか、そして自分の現時点での能力を把握しましょう。一番いいのがまず本番の試験を受けてみることです。もちろん問題集を買ってもいいのですが、本番でないとわからない緊張感や時間の流れもありますので、まずは受験してみましょう!その上で自己分析して、リスニング力、単語力、読解力、文法力、各パートの効率の良い解き方など、焦点をしぼって勉強していくことが大切です。</dd></li>

<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">リスニングのPart 3って難しくないっすか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>難しいですよね~。とにかく点を取るのに大事なのは、質問に対する答えを見つけること。(当たり前ですが、見落としがちです。)要は問われてる内容のみ聞き取れればいいのです。よくやりがちなのは、聞く事と答えを選ぶことに一杯一杯になってしまい、とにかく聞こえてきた選択肢を選んでしまうこと。質問の内容がよくわかっていないのに、聞こえてきたものを根拠無しに選んでいるようでは、なんとかやりきった感はあってもまったく点数に繋がっていない状態です。質問文の分析、これにかかっています。まずは問題集何冊か入手し、Part 3の質問文をどんどん訳して暗記していきましょう。質問文もそれに対する答えの決まり方もパターンは限られています。ペースをつかんで安定した点を取るためには目指せ質問文マニアです!</dd></li>
</ul>

<div class="faq_facebook">ここで答えを見つけられない質問は、<a href="http://www.facebook.com/RKEnglishF" target="_blank" rel="noopener">Facebook</a>にて随時受付中!</div>

&nbsp;
&nbsp;
&nbsp;

<h2 name="#05"><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_main_title_021.jpg" alt="" title="faq_main_title_02" width="179" height="33" class="alignleft size-full wp-image-1962" /></h2>
<ul class="faq">

<li class="layout" name="05"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">どうしたら直接レッスンを受けれますか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>御茶ノ水にあるRK English Schoolに通うのがベストです。リチャード川口を始め、よりすぐりのバイリンガル講師陣から、発音、表現、英語脳、TOEIC等の目から鱗のピンポイント授業を受けることができます。また単発のセミナーやワークショップも定期的に開催しています!
<a href="http://rkenglish.com/rkes">>RK English School</a>
<a href="http://rkenglish.com/category/event">>セミナー/ワークショップ情報</a></dd></li>
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">東京の学校は遠くて通えないのですが……</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>RK English Schoolはオンラインでもリアルタイムで授業を受講することができます。また毎日電話で英会話をするサービスも実施中です!
<a href="http://rkenglish.com/rrkes">>リモートRKES(オンライン受講サービス)</a>
<a href="http://rkenglish.com/pup">>PUP(電話英会話サービス)</a></dd></li>
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">先生を呼んで講義をしてもらうことは可能ですか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>はい、日本全国(場合によっては海外も)出向くことが可能です。法人様向けのサービスをご利用ください。
<a href="http://rkenglish.com/rkxc">>RK X Company(法人向け英語研修)</a></dd></li>
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">リチャードさんって本名なんですか?ハーフなんですか?その髪型はなんなんですか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>えとハーフではなくカナダ生まれの日系カナダ人です。両親は日本人です。リチャードは生まれたときにもらった本名になります。髪型は……こんな感じで本の表紙とか出しちゃったので覚えてもらいやすかなーと変えるに変えられずにやってます。</dd></li>
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">RK Englishで使っている教材などは買う事ができますか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>書籍やDVDがお求めいただけます!全国の書店やamazonで入手可能ですのでこちらのページを参照の上、是非探してみてください。店頭になかった場合は取り寄せてもらうことが可能です。
<a href="http://rkenglish.com/category/product">>書籍/DVD情報</a></dd></li>
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">バンクーバーでもRK Englishの授業が受けたいのですが。</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>元々はバンクーバーで活動していたのですが、日本に学校を作ってからは日本がメインになってしまいました。毎年夏はバンクーバーに戻りセミナーを開講するようにしています。
<a href="http://rkenglish.com/category/event">>イベント情報</a></dd></li>
<li class="layout"><dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_q.jpg" alt="" title="faq_q" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1865" /></dt><dd class="question">マンツーマンの授業はやっていませんか?</dd>
<dt><img src="/wp-content/uploads/2011/04/faq_a.jpg" alt="" title="faq_a" width="17" height="18" class="alignleft size-full wp-image-1868" /></dt><dd>RK English Schoolにて実施中です!
<a href="http://rkenglish.com/rkes">>RK English School</a></dd></li>

</ul>

<div class="faq_facebook">ここで答えを見つけられない質問は、<a href="http://www.facebook.com/RKEnglishF" target="_blank" rel="noopener">Facebook</a>にて随時受付中!</div>

</div>

</div>
</div>
</div>
<div id="category_bottom" ></div>